念じて静かな時を引き寄せた話

その人は大雨が降ったある日の午後、マグドナルドに入ったんだそうです。

ホットティーのSを買い、客席がある2階に上がると超満員。

空いている席を探してうろうろ。

7人掛けの席の真ん中あたりが空いていたのでそこに座った。

ほっとしたのも束の間。

今度は満員ならではの喧騒が耳に付き出した。

(うるさいなぁ)

と思ったけれど、こう思い直すことに。

(静かになったらいいなぁ)

そう思いながら、本を出して読み出した。

……

20分くらいたっただろうか、周りが静かになっていることに気づいた。

ふと周りを見回すと、その7人掛けの席には自分だけしか座ってなかった。

でもその他の席は相変わらず満席。

(へぇ、こんなこともあるんだなぁ)

……

それからまた20分くらいすると、その7人掛けの席の両端に2人づつ座った。

今度は左側の若い青年たちの1人が何を買おうか、はしゃぐように大声で話し出した。

(静かにならないかぁ)

そのうち、その青年は1階に走って買いに行った。

そして、トレーを持ち、戻ってきた。

座るとさっきとは大違い。

同じ青年かと思うほど無口になってる。

(静かになった良かった)

念じて静けさを引き寄せたその人は「偶然だろうがこんなこともあるんだなぁ」と思ったそうだ。

あなたの引き寄せの法則を創るシークレット・コーチングのご案内

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

メルマガ登録