銀行からいらぬ電話連絡を引き寄せてしまった不思議な融資の話

「これで契約完了です」

貸付主任はそう言った。

会社の資金繰りを良くしようと思い、銀行から融資を受けたある社長。

きょう、その契約が完了した。

「今後、そちらから電話連絡はあるんですか?」

と社長。

「いいえ。支払い日の前に郵便物でお知らせするだけです。ありがとうございました」

その数時間後、その社長に電話が。

「もしもし」

「○●銀行の▼▲です」

銀行の貸付担当者の声だ。

「大変申し訳ないのですが、■■の書類を登記所でもらってきていただけませんか。それから御社の定款もお持ちください。よろしくお願いいたします」



その社長は回想する。

「電話連絡のこと、聞かなければよかったのかも。書類が揃ってないのに貸し付けてくれたことになりますよね。不思議なこともあるんだ」

あなたの引き寄せの法則を創るシークレット・コーチングのご案内

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

メルマガ登録