祈りの言葉で仕事を引き寄せて自信を回復した話

それがたとえ偶然だったとしても、自信が持てればいいじゃないですか

縁起の良いことをやりながら仕事や就職活動を真剣にやっていると、あなたにもきっといいことがあるかも。

仕事に行き詰まっていた人がいました。

自営なのですが、このご時世で客足も途絶えここ2ヶ月ほどまともな仕事にありつけていません。

(どこか別の会社に就職しようかなぁ)

転職も考えるため息の出る毎日。

「どうせ暇だからやってみるか」

その人はある本に書いてあった祈りの言葉を起床時と就寝時、一心に唱え出しました。

そして数日後。

携帯電話の音が……

「もしもし」

と電話に出ると、

「●●さん、お久しぶり」

それはお得意さんの声でした。

「今度新製品を出すことになったのでWebサイトに1ページ増やして欲しいんだけど、いくらくらいでできますか?」

「それなら●千円くらいです」

「じゃあ、データ送るから」

数日後。

メールに添付された原稿データを見ると、ページ数が増えていたり、画像がふんだんに入っていたり、CGIを利用しないとできないことが指示されてたり、PDFに変換したりと、かなりボリュームが膨らんでました。

そしてお得意さんに電話。

「テキストを流すだけじゃないんで、その分、費用が掛かります。いいですか?」

「ああ、そうですよね。分かりました」

ということで引き受けることに。

そう話しながらその人は内心、お得意さんに、仕事が受注できたことに、ボリュームが増えたことに感謝していました。

数日後、1ページ試しにアップしてお得意さんに確認してもらったところ「ページがまともに見えないんだよね」とのこと。

で、結局、打ち合わせがてらお得意さんを訪問して有料で出張メンテナンスすることに。

案の定、バージョンが古くてサポートもあまりされていないブラウザだったのでバージョンアップ。

打ち合わせでは、

「メインのWebサイトの●●と●●と……を追加したり、変更して欲しい」

と、また仕事が増えたそうです。

「仕事があるとホッとします。祈りの言葉のお陰で仕事が引き寄せられたとは思いません。でも、仕事やお客さんに感謝する気持ちが前より強く湧いてくるようになりました。それと、今では自営にこだわらなくてもいいんじゃないかって気分にもなってます。これからはどっちに転んでもいいような活動をしようかと」

あなたの引き寄せの法則を創るシークレット・コーチングのご案内

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

メルマガ登録