『人生を開く心の法則』の法則を試してその通りに引き寄せた話

その日の東京は夕方6時~7時くらいまで雨の予報。

私は用事があり、池袋に行きました。

そして午後5時ごろにジュンク堂近くの喫茶店に。

そこで紅茶をたしなみながらフローレンス・S・シンさんの『人生を開く心の法則』を読み始めました。

でも、雨のことが気になっていたのか、30分くらいくつろごうとと思っていたけれど、なんだか理由もなく妙にそわそわして落ち着かないので20分で切り上げて、都電の鬼子母神駅へ向かいました。

駅が見えてきたあと2分くらいのところでポツポツと雨が降ってきて。

(やばっ)

駅まで走りながら、帰りの駅に降りたら近くの100円ショップで傘を買うところが頭に浮かんできたんです。

「傘買お~っと」

とにかく鬼子母神駅へ走ってホッとひと息。

都電に乗って帰路へ。

さっそく空いている席に座って続きを読んでいたら、

ふと『人生を開く心の法則』の内容を試してみたくなって、

(駅に着いて降りたら雨が止んでる)

と、心の中でつぶやきながら駅に降りたら雨が止んでいて驚いている自分をイメージングしてみます。

それから数十分後。

家の近くの駅に降り立ったら、

大粒の雨だけれど激しくない。

ダッシュで近くの100円ショップへ。

傘を買いつつ数分間、他の商品も物色して、

100円ショップを出たら、

100円ショップに入る前に降っていた大粒の雨が嘘のように止んでるじゃないですか。

(エ~、ウッソ~、ホントかよぉ~)

偶然にしろ、ある意味イメージした順番でものごとが起こってビックリ。

買った傘を片手に家まで歩いて帰りました。

私の場合『人生を開く心の法則』を読んでいると元気が出ます。

たとえ願望がかなわなくても。

その理由の一つ。

抵抗感なく失敗と思ったことをキャンセルできるように良くできているから。「失敗した」というネガティブな想いに逆らうことなく受け入れてポジティブに変える方法が書いてあります。しかも抵抗感なく。

それと自分を信頼できるようになっていく法則もあります。

「記憶を消去」からイメージされる強い言葉を使うホ・オポノポノよりも、『人生を開く心の法則』の内容を深く理解してなんとなく実践し続ける方が気が楽かもしれません。

あなたの引き寄せの法則を創るシークレット・コーチングのご案内

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 
RSS2.0

メルマガ登録